速報
» 2020年04月15日 10時30分 公開

「Windows 7」含む4件の脆弱性で悪用を確認 Microsoftが月例更新プログラム公開

4月の月例セキュリティ更新プログラムで対処した113件の脆弱性のうち、4件については既に悪用が確認されている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年4月14日(米国時間)、月例セキュリティ更新プログラムを公開し、Windows OSや「Internet Explorer」(IE)などに存在する計113件の脆弱(ぜいじゃく)性に対処した。このうち4件については既に悪用が確認されており、セキュリティ機関などが対応を急ぐよう呼び掛けている。

 4月の月例セキュリティ更新プログラムは、Windows、「Microsoft Edge」(EdgeHTMLベースとChromiumベース)、「ChakraCore」、IE、「Microsoft Office」「Microsoft Office Services」「Web Apps」「Windows Defender」「Visual Studio」「Microsoft Dynamics」、Android向けアプリおよびMacアプリの各製品を対象としてリリースされた。

Microsoftが2020年4月分として発表したセキュリティ更新プログラムの概要(出典:日本マイクロソフト

「Windows 7」に深刻な脆弱性 ESU顧客にのみパッチ配布へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ