ニュース
» 2020年04月15日 11時24分 公開

日本でも近く発売時期を発表へ:Lenovoの「Azure Stack HCI」採用エッジ向けサーバ、NVMe対応ストレージ装置と同時発表

Lenovoは、エッジコンピューティング向けサーバにAzure Stack HCIを実装した「Lenovo ThinkAgile MX1021」と、NVMe対応オールフラッシュストレージ「Lenovo ThinkSystem DM7100」を発表した。

[ITmedia]

 Lenovoは米国時間の2020年3月31日、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)とストレージを発表した。日本での販売開始時期や価格については、2020年第1四半期中に発表予定だ。

 HCIは、エッジコンピューティング向けサーバ「ThinkSystem SE350」に「Microsoft Azure Stack HCI」を実装した「Lenovo ThinkAgile MX1021」(以下、NX1021)。演算処理をエッジで実施し、分析したデータをその場で活用できる。データセンターまたは「Microsoft Azure」のパブリッククラウド環境に、収集・分析したデータを安全に直接移動できる。

Lenovoの「Lenovo ThinkAgile MX1021」が採用する「ThinkSystem SE350 Edge Server」(出典:Lenovo)

新たなストレージはオンラインでの処理性能を30%向上

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ