ITmedia DX
ニュース
» 2020年04月22日 08時54分 公開

加古川市のオープンデータ活用 kintoneで飲食業の支援システムを構築

市の職員がサイボウズの「kintone」を利用し、市内の飲食店が実施するテークアウト情報を地図に表示するシステムを約2週間で構築した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 サイボウズと兵庫県加古川市は2020年4月21日、トヨクモやフューチャーリンクネットワークと共同で、市内飲食店のテークアウト情報を市のGIS(地理情報システム)を活用した統合オープンデータ基盤に集約するシステムを構築したと発表した。

店舗と市、カタログサイトの連携概要 店舗と市、カタログサイトの連携概要(出典:サイボウズ)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として市民の行動変容を促し、市内飲食業を支援する。

飲食店情報をオープンデータ化してシステムへ反映、具体的には?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ