ニュース
» 2020年04月24日 11時20分 公開

AIプラットフォームの自動化機能を強化、DataRobotが最新版「DataRobot v6.0」を提供開始

DataRobotは、AIプラットフォームの最新版「DataRobot v6.0」を提供開始した。画像を用いたモデリング機能「Visual AI」を新たに備えた他、「ML Ops」や「ディープラーニングの自動化」といった機能を強化した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 DataRobotは2020年4月23日、エンタープライズ向けAIプラットフォームの最新版「DataRobot v6.0」を提供開始した。画像を使ったモデリング機能「Visual AI」を新たに備え、「ディープラーニングの自動化」などの機能を強化した。

 DataRobotは、データの準備に向けた「Data Prep」と、機械学習を自動化する「Auto ML」、AIモデルの実運用化に向けた「ML Ops」という3つの主要コンポーネントから成る。DataRobot v6.0は、これら3つのコンポーネントについて、自動化機能の他に複数の新機能を加えた。

時系列モデルや画像モデル作成も強化――新たに加わった機能とは

DataRobot v6.0でアップデートされた機能の概要(出典:DataRobot)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ