速報
» 2020年05月08日 09時48分 公開

個人情報や知的財産、COVID-19の研究に関する機密データ狙いか:医療機関や学術機関を狙うサイバー攻撃が多発、米英が警戒呼びかけ

新型コロナウイルス流行への対応に当たる医療機関や医薬品会社、学術機関などがしつこいAPT攻撃の標的にされている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)と米国土安全保障省のサイバーセキュリティ機関CISAが2020年5月5日、共同で警戒情報を発令した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応に当たる医療機関や医薬品会社、学術機関、医療研究組織、地方自治体など機関を狙ったサイバー攻撃が多発しているという。

NSCS 警告を発するWebページ(出典:NSCS)

 一連の攻撃には、特定の標的を狙って高度な攻撃をしつこく仕掛けるAPT集団が関与しているとされ、個人情報や知的財産、COVID-19の研究に関する機密データが狙われている可能性がある。

既知の脆弱性が悪用されている事例も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ