ニュース
» 2020年05月12日 07時00分 公開

銀行や携帯電話、複雑な手続きを“ワンストップ”化へ みずほ銀やKDDIら参加の新サービスが2020年6月に開始

トッパン・フォームズは、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」の消費者へのサービス提供を2020年6月下旬に始める。携帯電話事業者3社のメッセージサービス「+メッセージ」を利用して、各社への口座振替の申し込みや住所変更といった手続きを一元化できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 みずほ銀行や三菱UFJ銀行らを含む金融機関7社とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクら携帯電話事業者3社とトッパン・フォームズは2020年5月11日、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」を構築する意向を発表した。

 AIRPOSTは、これまで消費者が各企業に対して個別に行っていた手続きを、ワンストップサービスとして共通化する。トッパン・フォームズが2020年6月下旬に消費者へのサービス提供を開始する。

「AIRPOST」概要(出典:KDDI)

金融機関や携帯電話事業者らが次々と参加表明 背景に経団連の動きも

 今回AIRPOSTに参加する金融機関7社は以下の通り。2019年4月からAIRPOSTの検討を重ねてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ