速報
» 2020年05月14日 11時44分 公開

「中国が新型コロナウイルス関連の研究機関にサイバー攻撃」米政府が注意喚起

FBIとCISAは、中国が新型コロナウイルス感染症研究に携わる組織へ不正アクセスを試みているとして、警戒を促した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米連邦捜査局(FBI)と米国土安全保障省のサイバーセキュリティ機関CISAは2020年5月13日、中国が関与する集団が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報を狙っているとして、関係機関に注意喚起を行った。

FBI 注意を呼びかけるFBIのWebサイト

 発表によると、COVID-19関連の研究に携わる米国の組織や個人から、ワクチンや治療法などに関する情報を不正に入手しようとする動きがある。特に医療機関や製薬会社、研究機関は狙われやすい傾向にあるという。

 FBIは「中国の行動はわが国のCOVID-19対策に重大な脅威をもたらす」と主張し、中国が関与する集団による不正アクセス事例などについて捜査を行っているとした。

具体的な対策も勧告、英国NCSCも同種の警戒を呼びかけ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ