速報
» 2020年05月19日 09時13分 公開

コロナ禍悪用の新手マルウェア、医療機関や企業に攻撃拡大か――FBIが警戒呼びかけ

「ProLock」と呼ばれるランサムウェアは、被害者のネットワーク内部で収集したファイルを暗号化して身代金を要求する。医療機関や政府機関、金融機関、小売業者が標的にされているという。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 いわゆる“コロナ禍”に付け込む新手のランサムウェア(身代金要求型マルウェア)が出回っているとして、米国連邦捜査局(FBI)が医療機関などに警戒を呼びかけている。

 コンピュータ情報サイトの「Bleeping Computer」によると、FBIが警戒情報を出しているのは「ProLock」と呼ばれるランサムウェアだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応に追われる病院や医療施設をはじめ、政府機関、金融機関、小売業者が標的にされているという。

現時点で、暗号化されたファイルの複合手段なし その手口とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ