ニュース
» 2020年05月21日 13時10分 公開

28万5000個のCPUコアと1万個のGPUを搭載:MSが新たなスーパーコンピュータ発表 超大規模AIモデルに活用へ

Microsoftは、28万5000個以上のCPUコアと1万個のGPUで構成され、GPUサーバ同士を400Gbit/秒のネットワークで接続したスーパーコンピュータを開発した。Azure上で公開し、機械学習向けライブラリも提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、スーパーコンピュータを開発し、大規模な人工知能(AI)モデルの学習のために「Microsoft Azure」(以下、Azure)で公開したと発表した。AI開発を手掛けるOpenAIと協業して構築したもので、スーパーコンピュータの規模は世界トップ5に入るとしている。

Microsoftは、新たに開発したスーパーコンピュータを大規模学習に生かす考えだ(出典:Microsoft)

 今回開発したスーパーコンピュータは、28万5000個以上のCPUコアと1万個のGPUで構成され、GPUサーバ同士は400Gbit/秒のネットワークで接続した。Microsoftは「大規模なAIモデルの基盤として利用する」としている。

大規模な学習のニーズ対応へ、ツールの内容も強化へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ