ニュース
» 2020年05月21日 15時29分 公開

特別定額給付金の処理状況をWebで確認可能に、SAPジャパンが地方公共団体向けにWebサービスを無償提供

住民が郵送申請書の給付コードやオンライン申請の受付番号を入力すると、受付日や審査の処理状況、振り込み予定日が表示される。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2020年5月20日、「特別定額給付金問い合わせWebサービス」を地方公共団体向けに無償で提供すると発表した。

「特別定額給付金問い合わせWebサービス」概要 「特別定額給付金問い合わせWebサービス」の概要(出典:SAP)

 同サービスは、「SAP Cloud Platform」を用いてSAPが開発した。「特別定額給付金」は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経済対策として日本政府が国民1人当たり10万円を給付するもので、給付を申請したユーザーは、申請の受付状況や給付金振込日をWebサイトから確認できる。

申請者の確認画面 申請者の確認画面(出典:SAP)

電話問い合わせの削減と給付の迅速化を支援、利用方法は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ