ニュース
» 2020年05月25日 16時59分 公開

標的型攻撃のリスク低減 NECがインターネット分離を導入した製品を販売開始

発表によると、販売する製品には標的型攻撃のマルウェア侵入、感染リスクの低減に有効な対策とされる、インターネット分離を導入しているという。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは「NEC Solution Platforms」のラインアップに新製品を追加した。2020年5月25日から販売する。NEC Solution Platformsはサーバやストレージ、ミドルウェア、ネットワーク製品、アプリケーションを、用途別に構成済みの状態で提供するICT基盤の統合システム。

 新たにラインアップに追加したのはインターネット分離ソリューション「Application Platform for SCVX」で、ジェイズコミュニケーションのインターネット分離ソリューション「SCVX」を利用する。

具体的な製品性能と導入、運用コストは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ