ニュース
» 2020年05月28日 15時08分 公開

UiPath、RPA管理ツールのクラウド版を提供開始 サポート新製品も発売

クラウド版の管理ツールは、RPAプラットフォームの導入から保守運用までをクラウド上で実現できる。また、RPA業務サポート用の新製品群は、ビジネスユーザーやRPA初心者にも簡単に使用できる設計だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 UiPathは2020年5月27日、RPA(Robotic Process Automation)ソフトウェアのコア製品であるRPA管理ツール「UiPath Orchestrator」のクラウド版と、RPA業務のサポート用新製品群の発売を発表した。

 同社は、日本で定着しているRPAのイメージを「ソフトウェアロボットがルールベースの作業を代行する、狭義の意味でのRPAだ」と考える。そのイメージを払拭するため、日本においてRPAの適用領域を拡大した事例を基に開発した新製品を展開する。

クラウド版管理ツールと新製品群は具体的にどのようなもの?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ