ニュース
» 2020年06月01日 08時00分 公開

DXに向けたクラウドデータプラットフォーム、日鉄ソリューションズが提供開始

日鉄ソリューションズは、SnowflakeとLooker、Matillionとパートナー契約を締結した。各社のサービスを連携したクラウドデータプラットフォームは、データを迅速に収集し活用できる状態を実現し、目まぐるしく変化を続ける市場でDXビジネスを迅速にスタートできる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2020年5月28日、SnowflakeとLooker、Matillionの3社とパートナー契約を締結したと発表した。

 SnowflakeのクラウドデータウェアハウスサービスとLookerの次世代BI(Business Intelligence)データプラットフォーム、Matillionのクラウドデータウェアハウス向けデータインテグレーションツールを連携し、クラウドデータプラットフォームとインテグレーションサービスを提供する。

 NSSOLは「データ活用システムの多元化が企業におけるDX推進の障害になっている」と指摘する。デジタルトランスフォーメーション(DX)に向け、データやデジタル技術を活用する企業が増加する中、データの蓄積は部門ごとのシステムで構築する企業が多い。しかし、データの活用には多くのインタフェースを必要とするため、システムが複雑化しインフラや運用管理コストの増加、データ活用の遅れを招くという。

データの蓄積から活用まで一元化したプラットフォームは何を実現できる?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ