ニュース
» 2020年06月03日 09時43分 公開

IT関連業務の外部委託コストを最適化――ガートナーがフレームワークを発表

国内企業は、海外企業と比べIT関連業務を外部委託する傾向がある。企業が全社のコストを見直している今、ITリーダーたちは、ITの外部委託コストの削減はもちろんのこと、将来を見据えた根源的な対策を取る必要がある。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナーは2020年6月2日、企業がIT関連業務の外部委託コスト最適化に向けた施策を進めるためのフレームワークを発表した。

 同社が2020年4月に実施したユーザー調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、今後のIT支出全体を削減する見通しの企業は全体の40%強に上った。削減対象の内訳としては、43.5%の企業が外部委託による開発費を、約40%の企業が運用保守サービスやサブスクリプションシステムのランニングコストを挙げた。

 同社は「着手前のプロジェクトの延期や規模の縮小、実行中のプロジェクトの中断といった対症療法的な方法だけでは十分なコスト削減は期待できない」と指摘。企業は現在の危機的状況後の新たな企業活動に支障が出るリスクも考慮し、根源的な対策を進めるべきだとしている。

外部委託コスト最適化のフレームワークとは?

IT関連業務の外部委託コスト最適化のためのフレームワーク(出典:ガートナー)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ