ニュース
» 2020年06月16日 08時57分 公開

はんこを撤廃したいけど――中小企業の半分が「難しい」と考える理由 アドビ調査

アドビシステムズは中小企業や小規模企業を対象に、はんこの利用実態調査の結果を発表した。調査結果によると、調査対象の74.7%がはんこの撤廃を支持したが、50.1%は「撤廃は難しい」とも回答した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アドビシステムズは2020年6月15日、はんこの利用実態調査の結果を発表した。調査は従業員300人以下の企業に勤める全国の経営者や役員、500人を対象としている。

 同社の発表によると、調査対象の多くが「はんこ(押印)文化は生産性を下げている」と回答した。一方で、はんこを伴った契約業務が大半を占めている実情が明らかになったという。

 直近1年間の契約手法の調査では、はんこを使った契約が最も多く、83.0%だった(複数回答)。また「手書きサイン」と回答した割合が22.8%で電子契約の割合は17.8%だった。

直近1年間の契約手法(出典:アドビシステムズ)

はんこ撤廃はなぜ難しい? その障壁とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ