ニュース
» 2020年06月17日 13時32分 公開

SASとMicrosoftがパートナーシップを締結 SAS製品をAzure向けに最適化

SASとMicrosoftはパートナーシップを締結した。SAS製品のMicrosoftクラウドソリューションへの組み込みや、SASの分析プラットフォーム「Viya」の最新版をAzure向けに最適化する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAS Institute(以下、SAS)とMicrosoftは2020年6月16日、広範な技術共有とGTM戦略についてのパートナーシップを結ぶと発表した。同社の分析ソリューションなどを「Microsoft Azure」(以下、Azure)へ移行し、Microsoftソリューションへ組み込むとしている。

 同社は、企業システムのクラウドへの移行が進む中、SAS製品を使った分析処理もAzureに移行することで、「コスト効率の低下」や「環境によるシステムのパフォーマンス低下」といった企業の課題を解消するとしている。

SASとMicrosoftの連携 具体的には?

 SASは、機械学習や予測といったAI機能を備えた分析プラットフォーム「SAS Viya」(以下、Viya)の最新版をAzureに最適化する。また、同社のインダストリーソリューションを「Azureマーケットプレース」で提供する。

 同社によると、同社の製品をMicrosoftソリューションAzure、「Microsoft Dynamics 365」(以下、Dynamics 365)「Microsoft 365」「Microsoft Power Platform」といったMicrosoftのクラウドソリューションに組み込む計画もあるという。具体的には、ヘルスケアや金融といった、特定業界向けのモデルを含めた同社製品の分析機能をAzureやDynamics 365に統合し強化するとしている。

 同社は2020年後半をめどに、Microsoftとのパートナーシップを生かした新製品やソリューションの提供を開始する予定だ。また、Microsoft 365やDynamics 365を利用した社内オペレーションの強化も進めているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ