ニュース
» 2020年06月25日 15時28分 公開

2020年のアナリティクス技術のトレンド、トップ3は「よりスマートなAI」「データストーリー」「意思決定インテリジェンス」――ガートナー発表 (1/3)

ガートナーは、データ/アナリティクス技術のトレンドのトップ10を発表。NLP(自然言語処理)や適応学習などを活用したAI分析の需要が高まり、2024年末までに、75%の組織がAIを“試験的な導入”から“実運用”に移行させるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナーは2020年6月24日、2020年のデータ/アナリティクスに関するテクノロジートレンドのトップ10を発表した。

 AI(人工知能)に代表されるデータ/アナリティクス関連の最新テクノロジーは、これまでは得られなかったような洞察を効率良く導き出し、デジタルの価値を高める活動につなげる手助けとなる。ガートナーによると、ポストコロナ時代のビジネス活動においては、データ/アナリティクスの価値を再認識し、有効活用できるかどうかが重要になるという。

トレンド1:より賢く、速く、信頼の置けるAI――AIの活用深化で75%の組織が“運用化”へ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ