速報
» 2020年06月30日 09時44分 公開

TLSサーバ証明書の最大有効期間、13カ月に短縮 GoogleやMozillaもAppleに追随

有効期間が398日を超える場合は不正な証明書として扱われ、ネットワークやアプリが機能しなくなったり、Webサイトが読み込まれなくなったりする可能性がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Googleは2020年9月1日以降に発行されるTLSサーバ証明書について、有効期間を398日以下に短縮する方針を示した。既に同様の変更を表明しているAppleやMozillaに追随する措置だ。これで証明書の有効期間を13カ月とする措置が主要Webブラウザで出そろうことになり、Webサイト運営者は証明書更新の際に対応が必要になる。

Googleは2020年9月1日以降に発行されたTLSサーバ証明書の有効期間を398日以下にすると発表した(出典:Google)

 Google傘下のChromiumプロジェクトページに掲載された情報によると、2020年9月1日以降に発行されたTLSサーバ証明書については、有効期間が398日を超える場合は不正な証明書として扱われることになる。こうした証明書を使っているWebサイトはエラー表示が出て、アクセスできなくなる可能性がある。

影響はMicrosoft Edgeにも? 主要Webブラウザのこれまでの対応は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ