ニュース
» 2020年07月02日 13時00分 公開

北日本銀行が「ABIC ASSET CLOUD」を採用 電子サイン化を促進

北日本銀行は、NTTデータエービックの預かり資産業務クラウドサービス「ABIC ASSET CLOUD」を採用した。同サービスは、預かり資産業務に電子サインを導入し、行員の事務負荷を軽減する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータエービックは2020年7月1日、同社の預かり資産業務クラウドサービス「ABIC ASSET CLOUD」が北日本銀行に採用されたと発表した。同行では、既存のオンプレミス環境からデータを移行し、2021年2月から同サービスの利用を開始する。

 ABIC ASSET CLOUDは、同社の預かり資産業務パッケージシステムを、NTTデータのクラウドサービス「OpenCanvas」で提供するもの。投資や保険の窓口販売における、預かり資産業務を支援する。また、ペーパーレス化の促進や店舗の事務負担軽減、顧客に合った金融商品を提供する「適合性の原則」に沿った提案活動などを支援する。

 金融庁は、金融機関の預かり資産業務に対して受託者責任を要請している。そのため金融機関では、顧客への説明義務やアフターフォローなど、顧客対応の負荷が増大していた。

脱ハンコ、データ自動連携などで地方銀行の業務を支援

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ