ニュース
» 2020年07月10日 12時10分 公開

オンプレミス環境にクラウドリージョンを設置 オラクルが新サービスを発表

オラクルは「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。同サービスは、顧客のデータセンターに同社のクラウドリージョンを設置できるというもの。世界で初めて野村総合研究所が採用した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2020年7月9日、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。

 このサービスは、同社のクラウドリージョンを顧客のデータセンターに設置し、フルマネージドサービスを提供するというもの。これにより、オンプレミス環境で「Oracle Autonomous Database」や「Oracle Cloud Applications」など同社のクラウドサービスを、パブリッククラウドの商用リージョンと変わらない品質で利用できる。

 同サービスは、データ保管場所に対する制限や、応答性能に対する要求が厳しい企業などに向けたもの。価格は月額50万米ドルから。

Oracle Dedicated Region Cloud@Customer NRIの運用方法とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ