ニュース
» 2020年07月14日 09時55分 公開

ServiceNowとZoomがパートナーシップを発表 リモートワーク強化へ

ZoomはServiceNowのCSMを導入し、カスタマーサービス業務をスケールアップする。ServiceNowは従業員用の電話システムを「Zoom Phone」に置き換える。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ServiceNowとZoom Video Communications(以下、Zoom)は2020年7月13日、リモートワーク強化のため技術連携を発表した。Zoomは、ServiceNowのCustomer Service Management(CSM)を採用し、顧客向けのサービス向上に努める。ServiceNowは従業員向けに、従来のハードウェア電話システムをクラウド電話サービスである「Zoom Phone」に置き換える。

 ServiceNowによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりZoomミーティングの需要が急増。2020年4月には1日当たりの利用者が3億人に上ったという。Zoomは、同社のコミュニケーション機能をグローバル規模でユーザーに提供するため、カスタマーサービス業務を拡大する必要があった。

ServiceNowとZoomの技術連携 ビデオ会議はどう変わる?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ