ニュース
» 2020年07月17日 07時00分 公開

「追い風」受け急成長か 国内電子契約サービス市場規模予測――ITR調べ

ITRは国内電子契約サービス市場の規模予測を発表した。2018年度の売上金額は、対前年度比83.5%増の36億7000万円で2019年度は同70.0%増、2023年度には200億円に迫る見込みだ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は2020年7月16日、国内の電子契約サービス市場について、規模の推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は、対前年度比83.5%増の36億7000万円。2019年度も成長を維持し同70.0%増を見込む。

 電子契約サービスは、業務の効率化や郵送コストの削減といった観点で企業の注目を集めてきた。最近は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止策として電子契約を導入し、テレワーク向けの契約業務環境を整備する動きが活発化している。

国内電子契約サービス市場 その他の成長要因は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ