ニュース
» 2020年08月05日 10時00分 公開

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】:AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ

クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]
iStock.com/MARHARYTA MARKO

 前編(Computer Weekly日本語版 7月15日号掲載)では、ストレージアーキテクチャ(ファイル、ブロック、オブジェクト)のユースケースを3大クラウドプロバイダーのサービスとともに紹介した。

 後編では、3大クラウドプロバイダーのストレージオプションとハードウェア製品を整理する。

大手3社のクラウドストレージオプション

AWS

ファイル:クラウドとローカルストレージで動作するNFSベースのファイルシステムがAmazon EFSだ。AWSはこれを「Amazon EFS標準ストレージクラス」と「Amazon EFS低頻度アクセスストレージクラス」として提供している。Amazon EFSは10GB/s以上のスループットを示す。Amazon FSx for Windows File ServerはAWS専用のストレージだ。

ブロック:Amazon EBSはAmazon EC2と連携する。汎用(はんよう)SSDボリュームのパフォーマンスは3IOPS/GBが基本になる。プロビジョニング済みのIOPS SSDボリュームは、最大6万4000IOPSと1000MB/sのスループットをサポートする。

オブジェクト:AWSのオブジェクトストレージサービスがAmazon S3で、99.999999999%の可用性を誇るというのが同社の主張だ。

Azure

ファイル:「Azure Files」はSMBを使用し、クラウドとオンプレミスでファイル共有の同時マウントを可能にする。Windows、Linux、macOSをサポートする。最大ストレージ容量は4PB、イングレス速度25Gbps、エグレス速度50Gbpsを提供する。

ブロック:Azure Disk StorageはAzure Virtual Machines向けのマネージドディスクで、99.999%の可用性を実現する。Azure Ultra Disk Storageの最大容量は6万5536GBでIOPSは16万、Azure Disk Storageの最大容量は3万2767GBでIOPSは2000になる。

オブジェクト:「Azure Blob Storage」はPB規模のオブジェクトストレージで、99.99999999999999%の可用性を実現する。

Google Cloud Platform

ファイル:「Cloud Filestore」は「Google Compute Engine」や「Google Kubernetes Engine」(GKS)向けのNASとして提供される。同サービスには「標準」と「プレミアム」というパフォーマンス階層がある。標準は1T〜10TB以上の容量をサポートし、10TB以上のシステムは読み取りスループットとして1000IOPS、180MB/sをサポートする。プレミアムは3.5TB以上を最低容量とし、読み取りスループットとして6万IOPS、1.2GB/sをサポートする。

ブロック:Persistent Diskは最大64TBで、標準HDD、固定SSD、ローカルSSD、NVMeストレージを提供する。書き込みIOPSは1万5000〜3万、読み取りIOPSは1万5000〜10万になる。

オブジェクト:Googleのオブジェクト(BLOB)ストレージ「Cloud Storage」は、パフォーマンスと冗長性の要件に応じてさまざまなロケーションが用意されている。主なストレージ層には「Standard」「Nearline」「Coldline」「Archive」がある。「オブジェクトのライフサイクル管理」ツールは、ユーザーが指定するルールに従ってより安価な階層にストレージを自動的に移動する。

ハードウェア製品

 各クラウドサービスは単独で機能する必要があるわけではない。データがローカルとクラウドにまたがって存在することを可能にし、データ移行を支援するためにハードウェアオプションも用意している。

 AWSは「Snow」ファミリーを提供する。ポータブルな「Snowball Edge」は、最大42TBのブロックストレージかオブジェクトストレージ、またはデータ転送用に最大80TBのいずれかをサポートする。「AWS Snowmobile」は45フィート国際海上コンテナ(訳注:ISOで規格化されたコンテナサイズ)の形態を取る。AWSはハイブリッドサービスとして「AWS Outposts」も提供している。

 Googleもデータストレージ用の転送サービスとして「Anthos」を提供している。ハイブリッドクラウド管理用に、Kompriseを始めとする多くのサードパーティーとも連携している。

 Microsoftはハイブリッドクラウドとデータ移行のビルディングブロックとして「Azure Arc」と「Azure Stack」を提供している。オンプレミスのKubernetesクラスタとAzureのデータサービスはどちらもAzureで管理できる。

Windows 10アップデート管理戦略ガイド

Windows 10は更新プログラムが頻繁に配信される。本PDFではそうした変更をITリーダーが管理する方法、累積的な更新プログラムがシステム管理者に及ぼす影響、円滑な移行のためにクラウドサービスが果たし得る役割について解説する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ