ニュース
» 2020年08月13日 14時15分 公開

コワーキングスペースの混雑度をAI映像解析でリアルタイム判定 「3密」回避へ――エイベックスとNTT Comが共同実証

エイベックス・ビジネス・ディベロップメントは、コワーキングスペース「avex EYE」の運営再開に合わせて、カメラ映像から滞在人数や混雑度を可視化するNTT ComのAI映像解析ソリューションを導入し、新型コロナウイルス感染症対策を強化。併せて、NTT Comと共同で、対策の有効性などを検証する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)とエイベックス・ビジネス・ディベロップメントは2020年8月12日、コワーキングスペース「avex EYE」の運営を再開し、併せてNTT ComのAI(人工知能)映像解析ソリューションを活用して、avex EYE内の混雑状況をリアルタイムに可視化する実証実験を開始すると発表した。

 実証実験は、2020年8月13日から2021年1月31日までの予定。混雑度の判定により「3密」回避に役立てるなど、ニューノーマル時代のコワーキングスペース作りを共同で検討していく。

AI映像解析で実現するニューノーマル時代のコワーキングスペースとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ