ニュース
» 2020年08月16日 10時00分 公開

Windows 10を危ないOSにしない機能「改ざん防止」とはプレミアムコンテンツ

「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)で加わった「改ざん防止」機能とは何か。外部アプリケーションによる意図しない設定変更を防止するという、その詳細に迫る。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 Microsoftは2019年5月に「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)を公開した。このアップデートで新しく追加されたのがセキュリティ機能「改ざん防止」機能だ。

 改ざん防止機能は、Windows 10のシステム設定を外部アプリケーションが勝手に変更することを防ぐ。これにより、マルウェアなど有害なアプリケーションが設定を変更することで、PCに危害を与えようとする攻撃を防止できる。加えて、無害なアプリケーションがユーザーの意図しない設定変更をしてしまう事態も防ぐことが可能だ。

 ただし、改ざん防止機能の判定がいつも正しいとは限らない。サードパーティー製セキュリティ製品など、無害なアプリケーションを誤ってマルウェアと判定してしまう「過検知」が生じる場合もある。

 こうした過検知を減らしつつ、改ざん防止機能を活用してWindows 10のセキュリティを強化するにはどうすればよいだろうか。本資料は、そのためのヒントを提供する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ