ニュース
» 2020年08月30日 07時30分 公開

「VPN」はなぜ昔も今もこの先も変わらずに必要なのかプレミアムコンテンツ

長年の間変わらずに利用されてきたVPN。実践が広がるリモートワークでも必須と言って過言ではない。VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、今後も必要とされ続ける理由を考察する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 業務効率の改善、多様な働き方の実践、交通機関の混雑解消、感染症予防対策など、いまやさまざまな理由でリモートワークが推奨されるようになった。リモートワークを実践するにはそのためのIT環境を整備する必要がある。通信の暗号化によって社内の業務システムに安全に接続するための「VPN」(仮想プライベートクラウド)は、そのための最低限のITだと言える。

 VPNは企業のネットワークを保護する技術として長年利用されてきた。いわゆる“枯れた技術”だからといって、VPNは今後必要がなくなる技術というわけではない。リモートワーク導入やクラウドサービス利用の広がりによって、むしろ今後さらにその重要性が高まると考えられる。

 本資料は、VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、これからもVPNが必要とされる理由を考える。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ