ニュース
» 2020年09月02日 07時00分 公開

RPAの運用管理や遠隔監視をSaaSで 日本IBMが新サービスを開始

「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター」(AOCC)は、同社が「デジタルレイバー」と呼ぶ、自動化されたプロセスの遠隔監視や運用、メンテナンスを支援する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は2020年9月1日、同社が「デジタルレイバー」(仮想知的労働者)と呼ぶ、自動化されたプロセスの遠隔監視や運用、メンテナンスを支援する「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター」(AOCC)を、日本の顧客に提供すると発表した。

 デジタルレイバーは、RPAやAI(人工知能)を活用したソフトウェアロボットなど、手作業で行っていた定型的な作業を自動化する取り組み。最近では企業に浸透しつつあり、業務の効率化が進む半面、運用負荷が増えるという新たな課題が顕在化してきた。

IBM CloudのSaaSとしても使える AOCCの基本機能は

AOCCの概要(出典:日本IBM)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ