速報
» 2020年09月09日 09時37分 公開

Microsoft、月例セキュリティ更新プログラム公開 129件の脆弱性に対処CVSS危険度「9.9」の極めて危険な脆弱性も

Exchangeのメモリ破損の脆弱性や、SharePointのリモートコード実行の脆弱性などは、特に危険性が大きい。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年9月8日(日本時間9日)、9月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。WindowsやEdgeなどに存在する計129件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正、うち23件の深刻度を、同社の4段階評価で最大となる「緊急」に分類している。

CVSS危険度「9.9」の極めて危険な脆弱性も

 Microsoftによると、今回の月例セキュリティ更新プログラムの対象となるのは以下の各製品。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ