ニュース
» 2020年09月16日 16時30分 公開

プレミアムコンテンツ:災害時、本当に役に立つ「バックアップ」の取り方とは

技術進化やIT環境の変化に合わせて、災害復旧(DR)計画も更新する必要がある。予算を増やさずに、より効果的な計画を立てるポイントと、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 災害復旧(DR)に利用できる技術や手法は進化し続けており、DRの負荷も軽減されつつある。保護すべきデータが増加し、クラウドが普及するなど、職場のIT環境も確実に変化している。こうした状況にもかかわらず、旧来のDR計画をそのままにしている企業は少なくない。

 本資料は、企業が限られたDR予算の中で、より効果的な計画を立てるために押さえておきたいポイントを解説。災害時に復旧しやすい、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ