ニュース
» 2020年09月23日 16時30分 公開

クラウドERP移行企業がオンプレミスERPに回帰する理由プレミアムコンテンツ

クラウドERPには多くの魅力があるが、全ての企業にとって有用とは限らない。自社のニーズにクラウドは時期尚早だったと判断して、従来のオンプレミスERPに戻した企業もある。なぜ回帰を決断したのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 クラウドサービスは普及の一途をたどっている。ERP(統合業務)製品についても同様に、オンプレミスのERP製品(オンプレミスERP)からクラウドサービスとして利用可能な「クラウドERP」への移行が現実的な選択肢になってきた。だが製造業においては、必ずしもクラウドERPが優勢というわけではない。

 製造工程をデジタル化する「デジタルマニュファクチャリング」を推進したい企業にとってクラウドERPが重要な役割を果たすことは間違いない。だとしても、オンプレミスERPとクラウドERPを比較検討している企業は、既存のオンプレミスERPを維持するケースが少なくないようだ。独自のカスタマイズ機能がどうしても必要だったり、へき地に所在するためにデータ転送速度を確保できなかったりする企業にとっては、クラウドに価値を見いだすのは難しい。

 本資料は、オンプレミスERPからクラウドERPへ移行した後でオンプレミスERPに戻した中小企業の事例と共に、製造業においてクラウドERPが万能ではない事情を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ