ニュース
» 2020年09月26日 07時00分 公開

結局、人工知能(AI)は何ができ、どこまで実用的か?プレミアムコンテンツ

AI技術の導入を検討する前に、現在のAI技術が可能なことと不可能なことを把握しなければならない。どのような業務がAI技術の活用に適しているのか。7つの業界での活用事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 ビジネスに人工知能(AI)技術の導入を考えているIT担当者は、AI技術で可能なことと不可能なことを理解する必要がある。AI技術への理解が足りないと、非現実的な期待を抱き、実現不可能な目標に時間と予算を費やすことになる。本来ならAI技術で自動化できるタスクを見逃す可能性もある。

 AI技術と言えば、チャットbot、自動運転、「IBM Watson」「Amazon Alexa」などのサービスを思い浮かべる人は少なくない。現在はこうした特定の事業や業界を超えて、人々が日常的に使用するアプリケーションにも、機械学習のようなAI技術の要素が取り入れられるようになってきた。

 本資料では、AI技術の得意分野と、VolkswagenやWashington Postなど、すでにAI技術を活用している複数の企業の事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ