ニュース
» 2020年10月21日 07時00分 公開

RPAに新機能「デジタルアシスタント」 オートメーション・エニウェアが発表

オートメーション・エニウェアは、業務向けデジタルアシスタントの役割を備えたRPA「Automation Anywhere Robotic Interface」を発売する。非定型業務を人とデジタルワーカーの協業で自動処理のプロセスに組み込む。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 オートメーション・エニウェア・ジャパン(以下、オートメーション・エニウェア)は2020年10月20日、業務向けデジタルアシスタントの役割を備えたRPA(Robotic Process Automation)ツール「Automation Anywhere Robotic Interface」(以下、AARI)を発売した。AARIは、同社のクラウド型のRPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」で稼働する。

 オートメーション・エニウェアによると、従来のRPAは、部門単位や単一システムの定型業務を自動化することで業務効率を高めることが目的だったという。一方でAARIは、人の判断や例外処理が必要な非定型業務プロセスを、人とソフトウェアBotの簡単なやりとりで連携させ、自動化プロセスに組み込む。

人とロボットをどう「協業」させるのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ