ニュース
» 2020年11月06日 11時00分 公開

5つのリージョンのITインフラを統合 サントリー担当者が語るプロジェクトの苦労 (1/2)

サントリーは2017年から、子会社を含む世界各地のITインフラを標準化して統合するプロジェクトを進めている。AWSジャパンの記者説明会でサントリーの担当者が語ったAWSへの移行に際してのポイントとは。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン)は2020年10月27日、企業のクラウド移行に関する記者説明会を開催した。本稿は、同説明会でサントリー担当者が語った、グローバル規模で進めているAmazon Web Services(以下、AWS)への移行事例を紹介する。

 今回の説明会においてAWSジャパンは初めに、企業がトランスフォーメーションを推進する上で重要な4つのポイントを挙げた。同社によると今回のサントリーのクラウド移行事例は、既存システムからのトランスフォーメーションという意味で下記の条件全てに該当するという。

  1. シニアリーダーシップチームの強い決意と協力体制:大規模なトランスフォーメーションにはトップの意志やリーダーシップが必要
  2. トップダウンのアグレッシブなゴール設定:単にクラウド移行を進めるのではなく、明確なマイルストーンやゴールの設定が重要
  3. 人材の育成:あくまでクラウドはそれを使いこなす人材が必要
  4. 最後までやり切る:さまざまな課題や困難が発生するが、諦めずに明確なゴールを設定し、強い意志を持って実行する
企業がトランスフォーメーションを推進する上で重要な4つのポイント(出典:AWSジャパン)

子会社を含む世界各地のITインフラを標準化して統合、プロジェクトはどう進んだか

 サントリーは、AWSへの移行プロジェクトを立ち上げるに当たり、年2回グローバルのグループ各社のCIO(最高情報責任者)を集めて会議を実施し、2017年末に各社のCIOと方向性を合意した。こうして2017年から開始したプロジェクトが「サントリーアイランド2」だ。

 サントリーアイランド2は、グローバル共通のITインフラ基盤の構築を目指すプロジェクトだ。日本やアジア、オセアニア、欧州、米国といったサントリーグループが持つ5つのリージョンで、共通のITインフラ基盤を構築する。

グローバルにおける従来のITインフラと今後のITインフラ(出典:サントリー)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ