ニュース
» 2020年11月09日 16時30分 公開

プレミアムコンテンツ:「VDI」に潜む意外な“落とし穴”とは? 回避策は?

社外ネットワークから業務システムにアクセスできる環境を整え、テレワークを実現する手段としてVDIの採用が広がっている。VDI運用における課題とその対策には、具体的にどのようなものがあるのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の流行が、企業における事業継続計画(BCP)の整備状況を浮き彫りにしている。対策の一環としてのテレワーク導入は喫緊の課題だ。

 場所にとらわれない働き方であるテレワークには、一般的には社外のネットワーク経由で業務システムを利用できる環境が必要になる。それを実現するための手段が仮想デスクトップインフラ(VDI)だ。VDIはサーバで稼働させた仮想デスクトップの画面をクライアントデバイスで表示する仕組みを持つ。クライアントデバイスにデータを残さない点をメリットと見て、VDIを採用する企業は少なくない。

 だがVDIの運用には複数の課題が存在する。どのような懸念点があり、どのような点に着目してVDIを構築すべきなのか。本資料は、そうしたさまざまなVDIにまつわる“落とし穴”を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ