連載
» 2020年12月08日 07時00分 公開

あなたを気軽かつ簡単に標的型ランサムウェアの“加害者”にする “ある行為”半径300メートルのIT

特定の企業をターゲットにした標的型ランサムウェアが近年流行しています。あなたがしている“ある行為”がこの犯罪の片棒を担ぐ可能性があります。

[宮田健,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ランサムウェアは、ターゲットを個人から企業に変えて多くの企業を今も窮地に追い込んでいます。情報処理推進機構(IPA)の注意喚起によると、ランサムウェア攻撃は「人手によるランサムウェア攻撃」と「二重の脅迫」で組織を苦しめています。

 今回取り上げるのは、今すぐ被害を食い止めなければならない「二重の脅迫」です。企業の問題だからといって無関係ではありません。皆さんこそがこの悲劇を止める主役なのです。

ランサムウェアの常識は変化している 法人を襲う「二重の脅迫」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ