デジタル化をリードしているIT部門は約2割 IT部門の価値を高める6つのポイント

ガートナーの調査によると、「企業のデジタル化をリードしているIT部門は約2割」であることが判明した。ビジネス価値や顧客価値に注力して企業全体のデジタル化をリードするためにIT部門がするべき6つのポイントとは。

» 2020年12月08日 10時20分 公開
[金澤雅子ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年12月7日、「企業のデジタル化をリードしているIT部門は約2割しか存在しない」との調査結果を発表した。

企業のデジタル化、IT部門の関与の実態は?

 ガートナーが2020年6月に年商1000億円以上の国内企業のCIO(最高情報責任者)やITリーダーを対象に実施した調査によると、「自社のデジタル化にIT部門はどのように関与していますか」との質問に「関与しており、取り組みをリードしている」と回答した割合は23%だった。

 また、「関与しているが、取り組みのリードはしていない」と回答した割合は40%、「関与していない/分からない」と回答した割合は37%で、約8割の企業ではIT部門が自社のデジタル化を推進する旗振り役になっていないことが明らかになった。

Photo 日本企業におけるデジタル化へのIT部門の関与の状況(出典:ガートナー ジャパン、2020年12月)

IT部門の価値を高める6つのポイントとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR