ニュース
» 2020年11月18日 10時00分 公開

ポストコロナ時代を生き残るために必要な「新しい発想」をガートナーが提言

ガートナーによると、不確実な時代において企業/組織はレジリエンス(回復力)とアジリティ(俊敏性)を高めるために「コンポーザビリティ」の発想を取り入れるべきだという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年11月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)や他の要因によってビジネスの混乱が続く状況において、企業/組織はレジリエンスと持続可能性を高めるために「コンポーザビリティ」の発想を取り入れるべきという見解を示した。

コンポーザブルな企業経営とは?

 ガートナーは、レジリエンスの改善に向けてアーキテクチャを設計し、破壊的変化を標準として受け入れることで、変化に対応するビジネスケイパビリティを強化したビジネスを「コンポーザブルビジネス」と定義している。

 コンポーザブルビジネスは、システムやアプリケーション、人材など、企業経営に関わるものをビジネス機能の粒度で定義(モジュール化)し、それらを適切に組み合わせる(オーケストレーションする)ことで確実な成果を出せるように企業/組織を支援する。コンポーザブルビジネスを導入した企業/組織は、変化が必要なタイミングを感知(検出)し、自律的なビジネス部門を生かして、デジタルテクノロジーがもたらすディスラプション(破壊)に創造的に対応できるようになるとしている。

 ガートナーが実施した2021年の取締役向け調査では、企業の取締役会の69%が「継続的な混乱に対処するため、企業のデジタル戦略と実装を加速したい」と回答した。これには、デジタル戦略を初めて実施する企業も、既に実施しており、デジタル投資を急速に拡大した企業も含まれる。

 ガートナーによると、コンポーザブルビジネスは、企業/組織が日々営むデジタルビジネスを自然に加速させるもので、その結果、レジリエンスとアジリティを実現できるという。

コンポーザビリティの3つの構成要素と4つの原則とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ