ニュース
» 2020年11月13日 07時00分 公開

ガートナーが「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2021年度版を発表

ガートナー ジャパンは、企業に大きな影響を与える「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2021年版を発表した。2021年のトレンドのテーマは「People Centricity(人中心)」「ロケーションの独立性」「レジリエンスの高いデリバリ」だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年11月12日「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2021年度版を発表した。

 ガートナーによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応から成長の推進へと向かう上で企業は、2021年のトレンドのテーマを形成する3つの主な領域である「People Centricity(人中心)」「ロケーションの独立性」「レジリエンスの高いデリバリ」に注力する必要があるという。

2021年を代表する9つの戦略的テクノロジとは?

 2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンドとして挙げられたのは以下だ。

  • 「振る舞いのインターネット」
  • 「トータル・エクスペリエンス」
  • 「プライバシー強化コンピュテーション」
  • 「分散クラウド」
  • 「場所を問わないオペレーション」
  • 「サイバーセキュリティ・メッシュ」
  • 「インテリジェント・コンポーザブル・ビジネス」
  • 「AIエンジニアリング」
  • 「ハイパーオートメーション」

振る舞いのインターネット

 振る舞いのインターネット(IoB:Internet of Behaviors)は、顔認識や位置情報の追跡、ビッグデータなど個人に焦点を絞ったデータを、現金での購入や機器の使用といった、データに関連する人の振る舞いに結び付けるものだ。

 例えば、COVID-19防止策の監視のため、従業員のマスク着用を確認したり、熱画像カメラで発熱している従業員を特定したりするのに利用されるという。ガートナーは「2025年末までに世界人口の半分以上がIoBプログラムの対象になる」と予測した。

トータル・エクスペリエンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ