ニュース
» 2020年11月16日 10時00分 公開

国内IT支出「コロナ禍の停滞期」はいつ終わる?――ガートナー予測

ガートナーの予測では、2020年以降平均2.6%増で推移する見通し。業種別の影響を踏まえた予測も発表された。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年11月13日、2024年までの国内の業種別IT支出予測を発表した。

国内IT支出、2020年に低迷するも、その後は?

 2020年の国内IT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応によって高い成長率を示した2019年からの反動に加え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、前年比で2.6%減少する見通しだという。

 しかし、2021年の前年比成長率は3.2%に回復し、2020〜2024年までの5年間の年平均成長率(CAGR)は2.6%増で推移して32兆円に達すると予測している。

Photo 2020〜2024年の日本の業種別IT支出予測(億円)(出典:ガートナー ジャパン、2020年11月)

コロナ禍でダメージを受ける業界、恩恵を受ける業界は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ