ニュース
» 2019年11月11日 09時45分 公開

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測

ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年11月7日、2023年までの日本の業種別IT支出の予測を発表した。

Photo 2019〜2023年の日本の業種別IT支出予測(億円)(出典:ガートナー ジャパン 2019年11月)

 ガートナーでは、日本市場におけるデジタル関連テクノロジーへの取り組みは、まだ限られた領域や業種にとどまっているが、“破壊的な製品やサービス”の出現、競争環境や社会構造の変化によって、一気に導入が進む可能性があると分析している。

国内IT支出は金融、運輸を中心に2023年まで平均1.9%増で推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ