ニュース
» 2020年12月10日 17時22分 公開

OpenSSLに「重大」な脆弱性 DoS攻撃のリスクも

さまざまなシステムで広く利用されるOpenSSLに新たな脆弱性が見つかった。DoS攻撃につながりかねないリスクがあるあため、アップグレードや修正バージョンの入手を急ぎたい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米コンピュータ緊急事態対策チーム(United States Computer Emergency Readiness Team、US-CERT)は2020年12月8日(米国時間)、広く利用されるオープンソースのSSL/TSLライブラリ「OpenSSL」に脆弱(ぜいじゃく)性が存在すると伝えた。この脆弱性を利用されると、サービス妨害攻撃(DoS:Denial of Service attack)を引き起こされる可能性がある。

OpenSSL Releases Security Update|CISA CISAの発表

深刻度は「重大」 影響するバージョンと対処法は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ