ニュース
» 2021年01月06日 07時00分 公開

日立が次世代オープン勘定系システムを開発 金融機関におけるデファクトを目指す

静岡銀行が次世代オープン勘定系システムの稼働を開始した。システムは日立と共同で開発したもの。OSにLinuxを採用するなどオープンな技術を全面的に採用しながら、メインフレームの信頼性や堅牢性を確保した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2021年1月4日、静岡銀行が次世代オープン勘定系システムの稼働を開始したと発表した。同システムは、日立が静岡銀行と共同開発した。日立は今後、同システムを製品化し、次世代オープン勘定系パッケージとして他の金融機関への導入を進め、金融機関におけるデファクトスタンダード化を目指す。

他の金融サービスとの連携も容易に 新システムの2つの特長は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ