ニュース
» 2021年02月16日 08時00分 公開

医療機関が「RPA」を導入すべき理由 何に役立つのかプレミアムコンテンツ

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は、医療機関にどのように役立つのか。医療分野におけるRPAの用途と可能性、そして実際に導入した米国医療機関の成果を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 医療分野にとって「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は重要な役割を果たす可能性がある。考えられる用途は医療機関のバックオフィス業務の効率化だけではなく、ルールベースの業務が多数存在する収益サイクル管理まで幅広い。

 作業内容によっては、従業員を教育するよりもRPAのソフトウェアロボットを教育する方が簡単な場合もある。米国のある病院の事例では、RPAを導入したことで勤怠管理や給与支払のプロセス効率化につながった。

 本資料は、米国医療機関のRPA導入事例と成果を紹介し、医療分野におけるRPAの用途や、さらなる活用の可能性を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ