ニュース
» 2021年02月26日 08時30分 公開

ビデオ会議映像のわずかなヒントからキーボードの入力文字は推測できる、研究者ら指摘

ビデオ会議の映像に映るのが上半身だけだからといって、手元でパスワードの入力などをしていると相手にバレてしまう――。研究者らが、ビデオ会議の映像からキーストロークを推測する方法を発見した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ネットワークおよび分散システムセキュリティのシンポジウムである「NDSS Symposium 2021」において、ビデオ会議のビデオストリームから相手のキーストロークを推測する学習方法に関する論文が発表された。

 感染症流行の影響もありテレワークの利用が増えている。こうした状況の変化はサイバー攻撃者にも新しい攻撃手法を生み出すチャンスを与えることになるのかもしれない。

キーストローク推測を検証した論文の抜粋(M. Sabra, A. Maiti, M. Jadliwal, "Zoom on the Keystrokes: Exploiting Video Calls for Keystroke Inference Attacks",arXiv:2010.12078 [cs.CR])

最大で75%の単語を再現 論文が示したキーストローク推定方法と回避策は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ