ニュース
» 2021年04月01日 18時18分 公開

どのインフラでVMware Cloudを運用しても管理を一元化できる新サービスが登場VMwareライセンスもマルチクラウド間で融通可能

企業のITインフラにおいてマルチクラウドの利用が当たり前になりつつあるが、分散する環境は運用もライセンス管理も面倒なことになりがちだ。VMwareはこうした複雑さを低減し、VMware製品群以外の環境を広く取り込む新しいサービスを発表した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 VMwareは2021年3月31日(現地時間)、同社が提供するクラウドインフラの管理および運用をより柔軟化および簡素化するための新しいサービスを発表した。

 このサービスによってVMwareが提供する複数のクラウドインフラをこれまでよりも簡単に管理することができる他、クラウド間の移行作業をより簡単に実施できるようになる。

VMwareの発表 VMwareの発表(出典:VMware)

VMwareが提供する3つのクラウド系新サービス、何ができるようになるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ