ニュース
» 2021年04月08日 07時00分 公開

Imperva、クラウドデータベースを統合管理するセキュリティプラットフォームを発表クラウド時代のニーズに応える

Impervaは、クラウド向けのデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表した。多様なデータベースを統合管理することで、クラウドにおけるデータのセキュリティ確保とコンプライアンスへの準拠を大幅に簡素化する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セキュリティベンダーのImpervaは2021年4月7日(現地時間)、クラウド向けのデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表した。

 同プラットフォームは、DBaaS(Database as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)、マルチクラウド、ハイブリッドクラウドなどの多様なデータベースを統合管理することで、クラウドにおけるデータのセキュリティ確保とコンプライアンスへの準拠を大幅に簡素化する。

 Impervaは「クラウドはITに大きな変革をもたらしたが、セキュリティリスクやコンプライアンスに関する懸念がクラウド移行の大きな足かせになっている」と指摘する。同社のセキュリティ調査機関Imperva Research Labによると、パブリッククラウドのデータへの不正アクセスは大幅な増加傾向にある。データ漏えいを狙った攻撃は過去12カ月間で557%、2021年に入ってからは74%増加しているという。

65種以上のDBとネイティブに連携 プラットフォームの詳細とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ