ITmedia DX
コラム
» 2021年10月05日 12時00分 公開

Windows 11へのアップグレードを"焦る必要がない"ワケCIO Dive

Windows 10からWindows 11への移行はこれまでの移行ほど困難ではないが、テクノロジーリーダーの技量を試されるものになりそうだ。社内に余計な混乱を招かないために注意すべきポイントは。

[Roberto Torres,CIO Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

CIO Dive

 新たなOSへの移行は、ビジネスリーダーにとって苦痛を伴う作業だ。これまでIT部門は何台ものマシンを手作業でアップグレードし、作業にはHDDやCD、フロッピーディスクなどの物理的な媒体を必要としていた。

 だがクラウド時代の次期主力OSである「Microsoft Windows 11」(Windows 11)へのアップグレードは、数回のクリックで完了し、過去のシステム変更とは異なるものになる。MicrosoftでWindows and Devicesのチーフプロダクトオフィサーを務めるパノス・パネイ氏は「Windows 11へのアップグレードは、移行というよりもWindows10のアップデートに近い感覚になる」と述べる。

 Gartnerのリサーチバイスプレジデントを務めるスティーブ・クレインハンス氏によれば、Windows 11以前のOSの移行は今回の移行とは比較にならないという。

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ