メディア

Roberto Torres

Roberto Torresがアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

ジェネレーティブAIの覇権争いにAWSが加わった。複数のAIモデルを利用できる点が強みだ。MicrosoftやGoogleも続々と新サービスを発表しているが、これらの技術は未だ発展途上にあり、これから新たなイノベーションを起こす可能性がある。アナリストはこの状況をどう読んでいるのだろうか。

()

CIO Dive:

2022年は景気悪化もあり米国企業ではレイオフが頻発した。多くの労働者が解雇されたが、そんな中でも技術職の需要は高まっており、失業率は低下している。2023年もDXに注力する企業は多く、エンジニアの争奪戦が続きそうだ。

()

原因はどこに? アナリストの見解:

企業が機動力ある事業運営を進めるには、事業を支える業務アプリケーションにも機動力が求められる。だが、クラウドや自動化に対応したモダンな実装に変更するアプリケーションモダナイズは十分な成果を挙げられないケースが散見される。調査では半数近くが「失敗プロジェクト」との結果が出た。

()

CIO Dive:

メタバースやAR、Web3.0など最先端のテクノロジーには大きな期待がかかっているが、それらがビジネスで有用かどうかには議論の余地がある。世界のITリーダーは今、これらのテクノロジーをどう活用しようとしているのか。先行する米国企業の“実際のところ”を見てみよう。

()

CIO Dive:

パンデミックから2年を経て、企業のSaaS利用はますます進んでいる。SaaSは迅速に導入できることがメリットである半面、支出管理が困難なことからITリーダーの間では製品選定に慎重な向きもある。まずはどのITツールから導入を始めるべきか。

()

IT分野の従業員の92%が何らかのIT資格を取得している。調査の結果、最も平均年収の高い資格と、業種を限定せずに需要の高い分野の資格が明らかになった。

()

CIO Dive:

Windows 10からWindows 11への移行はこれまでの移行ほど困難ではないが、テクノロジーリーダーの技量を試されるものになりそうだ。社内に余計な混乱を招かないために注意すべきポイントは。

()

CIO Dive:

業務効率化を目指す企業にとって自社のRPAのポートフォリオを充実させることは喫緊の課題だ。だが買収や新規参入が相次ぐRPA市場の中から自社の目的に見合った適切なベンダーを選定するのは困難を極める。RPA市場の現状から「正解」を探る。

()

CIO Dive:

SolarWinds製品の脆弱性を利用した一連のサプライチェーン攻撃は、多くの企業に迅速なインシデント対応の重要性を再認識させた。だがインシデントへの備えが具体的に何を指すのか分からない企業も多い。SolarWindsのCISOが語る条件反射でインシデントに対応するコツとは。

()

HR Dive:

オンラインとオフラインを柔軟に使い分けるハイブリッドワークが企業に浸透した結果、浮き彫りになったのがオンサイト必須業務の従業員との分断だ。オンサイト必須業務をデジタルの文脈に持ち込みリモートを実現する方法を模索する企業はどんなチャレンジをしているでしょうか。複数の調査資料と海外の実務リーダーの声から打つべき対策が見えてきました。

()