ITmedia DX
連載
» 2021年12月27日 09時00分 公開

最高データ責任者(CDO)への期待と誤解 予算なし、専門スタッフなし、社内からの理解もなし?CIO DIVE

企業活動におけるデータの重要性が増すとともに、それを統括するCDOへの期待も高まっている。CDO250人を対象とした調査から見えてきた実態とは。

[Roberto Torres,CIO Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

CIO Dive

 BIやレポーティングに特化した製品の提供元であるExasolは2021年9月22日、英米独の現役CDO250人を対象とした調査結果を発表した(注)。同調査はコンサルティング会社Vitreous Worldが実施したもの。それによると、全体の46%が「最高データ責任者(CDO)の役割への企業の期待値が高過ぎ、誤った情報が伝わっている」と回答している。

 企業データへの依存度は高まっているが、同調査によると、回答者であるCDOの半数は「自身の役割の価値がビジネスにおいて十分に評価されていない」と述べる。

 次世代のCDOにも課題がある。CDOの10人に6人は、「CDOに移行しようとしている技術者へのサポートが不足している」と回答した。

 CDOが疲弊する要因は、「サポートやリソースの不足」「期待される役割に応えられないこと」「企業文化との適合性の欠如」などがある。回答者の36%が、「他のCxOレベルの経営幹部がCDOの役割を理解していない」とコメントする。

データに基づいた施策を行う企業、データに基づかない企業の違い

 データは企業の成功にとって重要だ。

© Industry Dive. All rights reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ