ニュース
» 2021年10月07日 09時00分 公開

コロナ禍でマイナス成長だった国内ITサービス市場 2021年、プラスの回帰の鍵は――IDC

IDCによると、国内ITサービス市場は、2020年に新型コロナウイルス感染症の影響などを受け、前年比2.8%減のマイナス成長となったものの、2021年以降はプラス成長に回帰する見通しだという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年10月5日、国内ITサービス市場の実績値分析と予測を発表した。

2020年はマイナス成長のITサービス市場、V字回復の鍵は?

 2020年の国内ITサービス市場は、前年比2.8%減の5兆6834億円となった。

 マイナス成長の要因は、2019年の成長をけん引した「Windows 7」のサポート終了や消費増税に伴うシステム刷新、元号改正対応、消費税率変更対応など、複数あった特需の反動減に加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響が目立った。

 商談の停滞や新規プロジェクトの先送り、進行中のプロジェクトの中断や進捗(しんちょく)遅れ、顧客常駐型サービスや自社センター型サービスにおける稼働率の低下や作業の遅延、サプライチェーンの混乱による機器の納品遅延などが生じたことにあるとIDCは分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ